生命やITといった理系的な学問領域はもちろん、経営や社会、心理、スポーツ、デザインなど多様な分野にITを活用し情報を収集・分析する手法を応用していきます。分野それぞれの可能性を広げ社会問題の解決を図っていける人材育成を目指します。

デジタルアート・メディアデザイン分野
キーワード:非言語コミュニケーション/インタラクション/ソーシャルメディア/表現/デザイン
コンピュータを用いた様々な表現能力を身につけるため、各種の画像・造形などに関するアプリケーションソフトウェアの高度利用技術および芸術的表現とその技法を学びます。

心理・脳・生命情報分野
キーワード:感性/認知科学/運動/遺伝情報/人間/人工知能
人間の感性を産業や生活に活用できる能力を身につけるため、アプリケーションソフトウェア(特に統計とシミュレーション)の高度利用技術および人間の脳機能、心理、行動などの情報処理の仕組みを学びます。

経営・社会システム分野
キーワード:データマイニング/ビッグデータ/トレンド分析/価値/商品開発/事業企画
ビジネス、まちづくり、社会貢献活動などを企画できる能力を身につけるため、アプリケーションソフトウェアの高度利用技術(特にデータベースと統計)およびユーザ・消費者の動向、事業の経営を学びます。

Back to top